安全に対する取り組み

ISO9001(品質マネジメントシステム)

物流サービスの品質を継続的に改善し顧客満足を目指すことを目的とした、サービスの品質管理に対する国際基準であるISO9001を取得しています。

Gマーク(安全性優良事業所)

全日本トラック協会が実施するトラック事業者の安全対策などへの取り組みを評価する貨物自動車運送事業安全性評価事業の認定事業所です。

運輸安全マネジメントに対する取り組み

実績報告(2019年度)と計画(2020年度)

1.輸送の安全に関する基本的な方針

『私達は安全で快適な物流サービスを提供することにより、お客様に笑顔と安心を与え、常に感謝・感動を忘れることのないよう顧客サービスの提供に寄与します』を経営理念として掲げます。

2.輸送の安全に関する目標及び目標の達成状況

2019年度実績 2020年度目標
重大交通事故件数 0件 0件
重大労働災害件数 0件 0件

3.輸送の安全に関する計画

・ドライバーに対して事故防止を目的とした研修テキストを活用します。

・健康診断を実施することで、ドライバーの健康状態の把握を行います。健康診断の結果と産業医のアドバイスを参考にドライバーに対して再検診、精密検査を勧め健康状態が起因とする事故の発生防止に取り組みます。

・インターネット適性診断システム「ナスバネット」を活用し、ドライバーの運転傾向の把握を行い、助言指導することで事故の発生防止に取り組みます。

・24時間体制で点呼を行い、ドライバーの疾病、疲労等の状況把握に取り組みます。

・運行管理機器を積極活用することで事故の発生防止に取り組みます。
アルコールチェッカー、免許証リーダーを活用し、飲酒運転と免許証不携帯防止に取り組みます。
デジタルタコグラフを活用し、ドライバーの速度管理と労務管理に取り組みます。
s事故発生時のドライブレコーダの記録画像を情報共有し、安全意識の向上に取り組みます。

PAGE TOP